The Little Things in Life

**日本語訳は以下**

“When I say I’m from Macedonia, people associate me with macadamia nuts. We play this game of ‘Where is it?’ Some think it’s Mesopotamia. At least older people get it. But then comes the awkward silence once first impressions are out of the way. Whatever you do though, it’s important to represent well. Because people see you as an ambassador of your country, whether you play the role or not. Your actions will reflect on folks back home. It’s a weight we all carry when we’re abroad. Especially when you’re from a small country and people haven’t met many of you.

“The funny thing about me being in Japan is that my good Japanese friend is in my hometown. She’s there to study, I’m here to study. We both wanted to get out of our own countries because it’s suffocating to live in just one place. It’s so limiting like a cage. She finds more freedom the farther she is from the system that brought her up. And I find more personal freedom here. I guess we’re both looking for inspiration, for something new—a different life.

“What I love about Japan is the extraordinary beauty of ordinary things. The things you use everyday, stuff around you that you don’t really think or care about, have aesthetic beauty. You go to a bakery and the bread has some design or it’s shaped like a cute animal. Package design is a big deal here. For example, there’s this chocolate that I really like, which I bought because of its beautiful box. It would be tasty anyway, even if it was wrapped in something plain. But presentation makes it something out of the ordinary. Even manhole covers have an artistic look and feel to them. They have intricate designs and symbols engraved on them. These small things make this otherwise stressful life somewhat enjoyable.”

DSC_0625.jpg
at Tokyo Midtown

日常に隠れた小さなもの

マケドニア出身って聞くと、どうやらマカダミアナッツを連想する人が多いみたいです。そんな時私は「マケドニアはどこだ?」ってゲームを始めるんです。お年寄りは正解を知っていることが多いけど、中には「メソポタニアだ」っていう人もいます。でも、一度印象が悪い方向に向かってしまうと、そこに気まずい沈黙が流れ始めます。だからどんな方法を使ってでも、私たちは自分の国をうまく紹介することが大切だと思うんです。だって、あなたがその役割を果たすかどうかに関わらず、人はあなたをその国の代表として見ているから。自分が取った行動が、自分の国の人々の印象を左右するんです。それは海外に滞在している間みんなが背負う責任のようなものだけれど、マケドニアのように小さな国出身でめずらしがられるような人なら、なおさら重いんです。

私が日本にいるのが不思議に思えることの一つに、私の仲の良い日本人の友人がマケドニアにいるということがあります。彼女は勉強するためにマケドニアにいることを決めて、私は勉強するために日本にいることを決めました。私たちはきっと、同じ場所に住み続けることの息苦しさから抜け出したかったんだと思います。だって、それはまるでケージの中にいるように限られた世界だから。私の友人は、彼女が育った環境から離れれば離れるほど自由が感じられるということに気がついたようです。私は私で、ここにいるほうが私らしくいられるということに気がつきました。きっと私たちは、何か新しいインスピレーションが欲しかったんだと思います。人生を変えるような何かが。

日本の好きなところは、”日常に非常の美しさがある”ことです。毎日使うようなものだったり、気にも留めないようなものだったりに審美的な美を感じるんです。パン屋に行けば、そこに並んでいるパンさえもきれいにデザインされていたり、かわいい動物の形になっていたりするでしょう。それから、ここではパッケージもすごく重要。例えば、私の大好きなチョコレートがあるんですけど、実はパッケージがかわいくて選んだんです。普通の紙で包まれてたって、味は変わらずおいしいはずないんですけどね。でも、こんな風に演出されたチョコは普通じゃなくなっちゃうんです。マンホールにさえも芸術を感じます。日本のマンホールは、細かくデザインされているだけじゃなくその地域のシンボルも彫刻されています。そんな日常に隠れた小さな物事が、どちらかというとストレスの多い毎日の生活を、こんな風に楽しいものに変えてくれるんだと思います。

(翻訳:Loving Life in Tokyo

Published by

tokyointerlopers

Finding diversity and inclusion. Breaking down barriers one post at a time. Stories and snapshots of foreigners making their way in Japan.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s