Just Another Way

**日本語訳は下にあります**
“The decisions in my life
that I don’t regret are the ones I didn’t really have to make. They were just obvious, like following my instincts. Coming to Japan is one example. I was traveling around Japan after graduating from university in France. When I got back from holiday, Paris, the city I love and have been living in for six years, suddenly didn’t feel like home anymore. Which was insane because I grew up in the suburbs and Paris was my dream city. So then, I knew I had to be in Japan. Besides, with a degree in literature, I would’ve never gotten far anyway. In France, no company will give you a chance. They’ll be like, ‘Oh you read books? Great.’ That’s it. In Japan, I have a good professional situation and a shot at a career.

“On the flipside, many foreigners come to Japan and waste their youth here. Myself included. We feel like we can do whatever we want abroad ーNo rules to follow. I was like that for three years until I finally sobered up. Now I have clear goals in life. I just wish more foreigners would be open-minded. Sometimes we think we have the license to trash talk Japanese society. ‘Decision-making process is slow’, ‘young people have no voice’, or ‘there’s too much hierarchy’. I respect thatーYou’re entitled to your own opinion, but can we please acknowledge that it’s just another way of working? Believe me, I don’t like it any more than you do. And to be fair, I catch myself criticizing their ways too, the longer I stay. But we have the choice not to work for that type of company.

“One of my best friends is Japanese and she works at a very traditional company. If she wants to propose an idea and get approval during a meeting, she’d have to go to each person whose vote is important prior to the actual meeting because that’s where decisions are made. Some people might think this is too slow, complicated, and even stupid. I think it’s just the way it is. We, as foreigners, cannot ask Japan to change for us just because we’re here. Being open-minded means understanding that it’s just different.”

Pauline4.jpg
“I love Japanese food. Not sure why everybody’s making a big fuss about French food. I think we’re good at cakes. But Japanese food is so diverse and amazing.”

違うだけ
(翻訳:Loving Life in Tokyo

これまで私がしてきた選択の中で「後悔していない」って言えるのは、”選ぶ”という意識すらせずに選択してきたものです。本能に従うだけで、他に選択肢はないっていうほど選ぶべきことが明らかだったもの。日本に来たこともその例の一つです。フランスの大学を卒業後、日本中を旅しました。そして休暇を満喫してパリに戻ると、私が6年暮らした大好きなその街が突然、”ホーム”だと感じられなくなっていました。そんなことはないはずなんです。だって田舎育ちの私にとって、パリはずっと夢の街だったんですから。そしてその時気がついたんです。私は日本にいるべきなんだって。そう思ったのは、”文学の学位を持っていてもフランスではやっていけないだろう”と感じていたということもあります。その道でチャンスをくれる企業はフランスにはないんです。「ああ、本が好きなんだ。いいことだね。」って、それだけ。日本にならそれを仕事にできる場所もあるし、キャリアとしてもチャンスがあります。

その裏で、日本には大勢の外国人が来て、若い時代を無駄にしてると感じます。もちろん私も含めて。海外でならなんでもできるような気になるんだと思います。従うべきルールもないし。私も3年ぐらいはそんな感じでした。ありがたいことに、私はそんな状態から目を覚ますことができたし、今では人生のゴールも見つけました。他の外国人にももっとオープンになってほしいなって思います。時々、私たち外国人は日本の社会を挑発する資格を持っているように感じてしまう時があるんです。”結論が出るまでに時間がかかりすぎる”とか、”若者の声が届かない”とか、”ヒエラルキーが多すぎる”とか。そういう意見も理解できます。誰だって自分の意見を持つ権利はありますから。ただ、”それも一つの働き方なんだ”って思うことはできないでしょうか。私だってこういう働き方が好きとは言えません。それに、日本で生活すればするほどそういう働き方を非難している自分も感じます。でも同時に、私たちにはそんな会社に入らないという選択肢もあるんです。

私の親友の一人は日本人で、彼女は典型的な日本企業に勤めています。彼女が会議中に何か提案して承認をもらいたいと思っている場合は、会議の前に関係者一人一人に提案内容を審査してもらわなければいけません。なぜなら決裁が必要だから。”そんなの非効率的すぎる”、”複雑すぎる”、”バカバカしい”とさえ感じる人もいるかもしれません。でも、ここではそういうやり方なんです。外国人としてこの国にいる私たちは、日本に「私たちのために変わって」なんて言えません。オープンでいるっていうことは、こういったことを”やり方が違うだけ”って理解することなんだと思います。

Pauline1.jpg
at Harajuku Station

Published by

tokyointerlopers

Finding diversity and inclusion. Breaking down barriers one post at a time. Stories and snapshots of foreigners making their way in Japan.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s