The Big 30

**日本語訳は下にあります**
“I just turned 30.
To me it’s a significant milestone. At 30 you’re supposed to know your place in society as an adult. And I feel like I am nowhere near that. Am I going to accomplish my goals here in Japan or should I go back home to beautiful Los Angeles, California? I’m having an inner dialogue right now. I’m asking myself what my core values are and how I want my future to look like. I clearly don’t have solid answers yet. But that’s why I’m soul-searching. And Japan is kind of a great place to be stuck in limbo.

That’s one reason you see so many expats who have been here for 10 to 20 years and be like, ‘I still don’t know what I’m doing.’

“Despite all that, I tell people who want to come to Japan that while it’s not easy, it’s also not that hard. I used to help students from overseas, those aspiring to study abroad in Japan, at my previous job. Most of them have doubts about going to school and finding work in Japan. I’d tell them it’s very possible to live their dream here. However, it is not a walk in the park. You’re no longer a baby. You need to be a grown adult. You have responsibilities. And part of the struggle is the language. Everyone speaks Japanese. There’s a work culture and you have to adhere to rules. There are lots of processes and procedures. I know it can be frustrating sometimes. But I always ask myself, ‘Has it been worth it (all the trouble I’ve been through)?’ And the answer is yes. Because my dream has always been to come here and live here.

“Now the question is, what’s next?”

葛藤の30

つい最近30歳になりました。僕にとっては一大事だった。30歳って大人として社会的な地位があるような歳じゃないですか。だけど今の僕はそれには程遠いところにいるなって感じます。果たして僕は日本で目標を達成することができるのか、それとも美しい故郷カルフォルニアに帰るべきなのか。自分の中でずっと葛藤しているんです。自分の本質的な価値観って何だろう、将来どうなってたいんだろうって、自分自身にずっと問い続けています。それでもまだハッキリした答えは出ません。それが自分探しをしている理由です。ある意味日本はそうやってどっちつかずの状態でいるのに最適な場所なんです。「実はまだ自分が何をしてるかわからないんだ」なんて言う、来日10年20年の外国人をよく見かけるでしょう。

僕自身がこんな状態にも関わらず、日本に来たいと思っている人たちには「簡単じゃないけど難しくもない」って伝えています。以前、日本留学を目指す海外の学生を支援する仕事をしていたんです。多くの学生が日本での生活や仕事に対して不安を持っていました。僕はそんな彼らに「ここに来て夢を生きることはできる」と伝えます。「ただ、簡単ではないよ」と。もう子どもじゃないんだから、大人の自覚と責任を持たなきゃいけないし、言葉の壁もある。ここではみんな日本語を話すから。仕事における規則は何があっても守らなくちゃいけないし、手続きや手順も大変。イライラする時もあります、もちろん。そんな時はいつも自分に聞いてみるんです。これまで乗り越えて来たことって価値があったのか?って。答えはイエス。だって僕の夢はずっと日本に来ることで、日本で生活することだったんだから。

だから今は、”次は何だろう?”って。【翻訳:Loving Life in Tokyo

DSC_1264.jpg
“When I was growing up, I expected to be married at 25, buy a house and have kids by 30. It’s the typical American dream—white picket fence, two and a half kids. Maybe it’s a symptom of the millennial generation or maybe expectations have changed. But everyone I know is in a similar spot where getting married and having children is not the most feasible thing. Not saying it’s not possible. I know some who have. But it seems really scary.” 25歳までには結婚して、30歳までには家を買って2人の子どもがいる。典型的なアメリカン・ドリームかな。白いフェンスに、2人か3人の子ども。そうなるだろうって思いながら生きて来ました。ゆとり世代の症状なのか、ただ望むものが変わっただけなのか。僕も僕の周りの友だちも同じように、結婚することや子供を持つことが現実に起こりそうにないなって感じてるんです。絶対にあり得ないと思っているわけじゃないんですよ。結婚して子どもを持っている友だちもいるしね。でも何だかとても怖いんです。

 

 

 

 

 

Published by

tokyointerlopers

Finding diversity and inclusion. Breaking down barriers one post at a time. Stories and snapshots of foreigners making their way in Japan.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s