Talkin’ Loud

**日本語訳は下にあります**
“I’m from Madrid
 and I came to Japan to work as a journalist. My first week was pretty hard. I got depressed. Maybe it was jet lag or not being able to speak the language. At first I was afraid of human interaction, ‘What if they didn’t understand me?’ ‘What if we couldn’t even communicate?’ I was excited about visiting Japan because it’s always been my lifelong dream. So, I didn’t want to get a bad first impression due to my mood. I didn’t want to ruin my first experience of Japan. I had heard from people who lived here before claiming it’s a lonely country. One Spanish girl even packed her bags and went back home because she couldn’t stand the loneliness. So I stayed in my apartment and didn’t go out for the first couple of days.

“But once I got over my fears and started exploring the city, I realized how wrong I was. People are nice, polite, and willing to help even if you don’t understand each other. Plus we share some similarities. Izakaya (Japanese pub) food is a lot like tapas. Spanish people are loud, I’m loud and all my friends are, too. The Japanese speak very loud at restaurants and even shout when ordering. They forget all the social pressures of life while they’re out drinking. They’re more relaxed, which is similar to people in Spain, and that makes me feel at home. Of course, there’s the excessive drinking after a long day at work. Because of this, it’s normal to see drunk people lying on the streets of Tokyo. But people are so used to it, nobody cares anymore. It’s sad to see others pass them by without giving a hand.

“Still, life here is good. I mean I’ve only been in Tokyo for over a month, but already I feel like I could live here for the rest of my life.”

私はスペインのマドリード出身です。ジャーナリストとして日本に来ました。最初の1週間は本当に大変で、ひどく落ち込みました。時差ボケだったからなのか、言葉が通じなかったからなのか。最初は人と関わることが怖かったんです。もし誰も私のことをわかってくれなかったらどうする?もしコミュニケーショさえもできなかったら?日本に来ることがとても楽しみだったのに。人生における夢だったのに。だから私のムードが悪いということだけで人に悪い印象を与えるなんてしたくなかったし、初めての日本での生活を台無しにしたくはありませんでした。日本に住んだ経験がある人には、日本は孤独な国だって聞いていました。スペイン人のある女の子は孤独に耐えられず国に帰ってしまったそうです。それで私も最初の数日間は自分のアパートに閉じこもっていたんです。

DSC_1320
Harajuku’s Cat Street

そんな不安を乗り越えて色んなところに出かけ始めると、家に閉じこもっていることがいかに間違っていたかってことに気が付きました。人々は親切だし、礼儀正しいし、言葉が通じなくても手を貸してくれようとしてくれる。それに、日本とスペインには共通点がたくさんあったんです。まず、居酒屋メニューはスペインのタパスと同じようなものですよね。それに、スペイン人はうるさい。私はうるさいし、私の友だちもうるさい。居酒屋にいる日本人も同じです。大声で会話しているし、注文する時はもはや叫んでいるでしょう。お酒の場では社会的な立場や重圧を忘れてただ楽しんでいますよね。そんな時はみんなとてもリラックスしていて、スペイン人みたいなんです。それがまるで私が”ホーム”にいるような気持ちにさせてくれる。もちろん大変な仕事が終わった後で飲み過ぎることもあるけど。酔っ払った人が道端で横になっているのも普通ですよね。そしてみんな、そんなことには気も止めないぐらい慣れてしまってる。声もかけずに通り過ぎて行くのを見ると少し悲しくなります。

ここでの生活は好きです。まだ1ヶ月しか日本にいないのに、もう”一生ここで生活してもいいかもしれない”って感じているんです。【翻訳:Loving Life in Tokyo

Published by

tokyointerlopers

Finding diversity and inclusion. Breaking down barriers one post at a time. Stories and snapshots of foreigners making their way in Japan.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s