Bento Bureau

**日本語訳は下をご覧ください**
We always wanted to make a podcast and where we can take advantage of the international environment of our university.We wanted to create a platform for people to come together and talk about Japan from an international perspective. That’s basically what we want Bento Bureau to be. Everything is done by students who are passionate to bring our perspective about Japanese social and political issues. (Buzz)

We try to inform people about different issues. A lot of people have this dreamy idea about Japan, we just want to inform people that Japan is a normal country, and like any other country it has its own issues. Not necessarily in a negative way, we want to encourage people to learn more on their own as well. (Bastian)

For the first five episodes we were just speaking amongst ourselves. But for the next episodes we have invited half-Japanese classmates, and professors from various schools in Tokyo. Recently we have been trying to reach out to other ordinary residents of Japan as well. (Long)

_D3S4991.jpg
From left to right: Hazel, Buzz, Bastian, and Long

「僕らはずっとポッドキャストを作ってみたいと思っていたし、これが僕たちの大学の国際的な環境を活かせるところだと思ったんだ。皆で集まり、国際的な視点から日本について語り合えるようなプラットフォームを創り出したかった。僕らのポッドキャスト、Bento Bureau(ベントー・ビューロー)がそういった場になればと思う。運営も全て、日本の社会問題や政治問題に対する自分たちの意見を知ってもらいたいという熱意を持った学生たちによるものだ」
─バズ

「あらゆる問題を取り上げていきたいと思っている。日本という国に夢見がちな人が多いけれど、日本も普通の国なんだということを知ってもらいたいんだ。そして他の国々と同じように、この国にはこの国の問題があるということも。マイナス面も知ることで、自らもっと学ぼうとする姿勢を持ってもらえたらと思う」 ─バスチャン

「はじめの5エピソードまでは、僕らは自分たちのことを話していただけだった。でもその次のエピソードからは、日本人とのハーフであるクラスメイトや、東京にある様々な学校の教授を何人もゲストに迎えてきた。最近は、日本に住むごく普通の人々とも関わっていこうとしている」
─ロング

※写真は右端より順に、ロング、バスチャン、バズ。

_D3S49711
Buzz

“I have always been interested in Japan. Of course the typical answer is that you become interested in Japan first through anime and games, which was somewhat true for me. But Japan’s nature is what drew me here, more than anything. Nature in Japan is something quite mystical in my eyes. I would always see Mt. Fuji in the movies, like in Kurosawa films, it was always somewhere I wanted to visit. I think the first time I actually saw Fuji I became quite emotional. My favorite place now is Nikko–the momiji trees are so calming and so tranquil.

“I was born in the UK but my family is all from Palestine. Both my dad and mom’s family decided to go to London. I lived there for the first 12 years of my life. My parents split and I ended up going to live in Qatar, because I also had other relatives living there. It was a big change to say the least, but you might be surprised that it is quite an international place, and I was able to meet people from all over.”

日本にはずっと興味がありました。そのきっかけはアニメだとかゲームだっていう人がいるけど、僕が日本に興味を持ったきっかけはまさにそれでした。でも何よりも僕が惹かれたのは日本の自然です。日本の自然の景色は、僕の目にはとてもミステリアスに映るんです。黒澤映画なんかを見れば必ずと言っていいほど富士山が写ってたりするので、いつか訪れてみたいと思っていました。初めて富士山を見たときはとても感情的になってしまったぐらいです。今のお気に入りの場所は日光です。美しいもみじの木々が、見ているだけで心を穏やかにしてくれます。

僕の家族はみんなパレスチナ出身ですが、両親の家族はロンドンに引っ越すことを決め、僕はそこで生まれました。12歳までロンドンで過ごしましたが、両親は離婚した後は親戚がいるカタールに引っ越すことになりました。それは僕にとって大きな変化であったことは言うまでもありませんが、カタールは信じられないほどの国際都市で、僕はそこで本当に様々な国の人々に出逢うことができたんです。

_D3S4911.jpg
Bastian

“Instead of going directly to college, I decided after high school to take some time off. I did a working holiday in Japan for ten months. Going to language school, working in a Chinese restaurant, and also doing a part time job at an English speaking cafe kept me busy.The language school I attended was in Fukuoka. I love that place. It still has a city atmosphere but you can walk to everything, it feels warm and cozy in a way. Essentially it has everything that Tokyo has, and the food is also great.

“Studying for my undergraduate degree in Japan, I originally assumed that my classmates would be from only wealthy families and maybe be arrogant in a way. But this was not the case at all. Everyone was very kind, and it felt like a small family. We were only the second semester after a program that had just started. Everyone kind of knows each other.”

高校を卒業したらすぐに大学に進学するんじゃなくて、少し休暇を取ることにしました。ワーキングホリデーで10ヶ月間日本に滞在したんです。語学学校に行ったり、中華料理店で働いたり、英会話カフェでバイトをしたりしてたのですごく忙しかった。僕が行ったのは語福岡にある語学学校だったんだすが、福岡は本当に素晴らしい場所でした。大きな街のような雰囲気がありながら、色んなところに歩いて行ける便利さがありました。温かくて居心地がいい、そんな感じでした。東京にあるものは福岡にもほとんどあったし、食べ物も最高でした。

日本で学士号を取るために勉強すると決めた時、クラスメイトはきっと裕福な家庭で育った人たちで、偉そうだったりするんだろうなって思っていました。でも、それは全く間違っていました。みんな本当にとても親切で、家族のようでした。プログラムが始まってすぐ後の2学期だっていうのに、その頃にはもうすでにお互いのことをわかっていたんです。

_D3S4932
Hazel

“I am from a small city in Southern Vietnam. You feel like you know half the city. It is a coastal city with a port so it is important for the economy for transport, and because there are oil reserves. My mom and dad are both from the North, but I was born and raised in the South. I use southern vocabulary with a northern accent which is funny.

“I am actually not particularly interested in Japan, I love it now, but I was never super into it. My parents didn’t really have the resources to send me further than Asia. I visited Singapore but it seemed a bit small. My city specifically has a lot of Japanese companies investing in it, and it seemed reasonable that if I learned Japanese I may be able to one day work for a company back in my hometown.

“My family is very traditional and they wanted me to go into the natural sciences. I struggled pretty bad as I am just not good with numbers. Since I realized that I wasn’t so strong I decided to try hard at English. My mom put me into a language center and I started really enjoying studying, and it just grew from there. I think the people in my city are very international, a lot of people go abroad. Many people from the south of Vietnam have their relatives outside of the country, and the economy is pretty strong, so a lot of people think to send their children abroad.”

私はベトナム南部にある小さな街の出身です。街の半分を知ってると言えるほど小さな街です。港がある沿岸都市でもあります。石油備蓄があるので、この港は経済や輸送のためにもとても重要な役割を持っています。私の両親は北部出身なのですが、私は南部で生まれ育ちました。南部の単語を北部のアクセントで話すので、ちょっとおかしく聞こえるみたい。

実は日本には特に興味がありませんでした。今は日本が大好きですが、これまでものすごく夢中になったということはありません。両親は経済的に私をアジア以外の国に送る余裕がなかったんです。シンガポールにも行ったことがありますが、とても小さい国だなぁと感じました。それに、私の街には日本企業の多くが投資しているので、もし日本語が話せるようになれば、いつか私もこの街にある会社に入れるかもしれないと思いました。

私の家族はとても伝統的で、私には自然科学を学ばせたがりました。私は数字や科学が苦手だったのですごく苦労ました。だからその代わりに英語を身につけようと思ったんです。母が私を英語のランゲージセンターに入れてくれたのが始まりで、そこから楽しみながら英語を勉強を学び始めました。私の街の人々は海外に行くことの多い国際的な人々です。ベトナム南部の人々は海外に親戚がいることが多いし、経済もとてもいいので、多くの人が子どもたちを海外に行かせるんですよ。

_D3S4906
Long

“I was born in Vietnam but when I was 16 I got on an airplane to attend two years of high school in rural Massachusetts. After that I went to art school in Pennsylvania. Soon I started to question whether this school was for me. There was a gap between how much l loved the field of art and how much work is needed to succeed in it. I consulted with my mom and she encouraged me to come back to Vietnam.

“I had a feeling of regret that I had missed out during my high school days, and going back home was a chance for me to see what I had maybe missed. While working part time jobs I went to my old high school and middle school to participate in some activities. I felt that I needed to finish something that I had started. There is something about Asia that I had missed, and I wanted to stay closer to Vietnam, so I decided to apply for universities in Japan. I feel like the USA doesn’t fit me, people are very extroverted whereas I am more laid back.”

僕はベトナム出身ですが、16歳の時にマサチューセッツの高校に通うためにアメリカに行きました。その後ペンシルベニアのアートスクールに行ったんですが、すぐに「この学校は自分に合っているのか」って考えるようになりました。僕のアートを愛する気持ちと、その世界で成功するために必要な労力にギャップがあったんです。それで母に相談したら、母はベトナムに帰ってもいいんだと言ってくれました。

高校生活を途中でやめてしまったことに後悔する気持ちもありましたが、ベトナムに帰ることはその時の自分に何が足りないかを教えてくれるチャンスでもありました。アルバイトをしながら、アクティビティに参加するために元々通っていた高校や中学に行きました。その時に、やりかけていることを終わらせなくちゃいけないんだと感じたんです。僕に欠けている何かはアジアにある。でもベトナムに近いところにいたい。それで日本の大学に進むことを決めました。ゆっくり気楽に過ごすことが好きな僕にとって、活発で外交的な人の多いアメリカは合わなかったんだと思います。

【翻訳:Loving Life in Tokyo & Junko Kato Asaumi
【写真/Photos by: Tim Franklin Photography

Published by

tokyointerlopers

Finding diversity and inclusion. Breaking down barriers one post at a time. Stories and snapshots of foreigners making their way in Japan.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s