Different Expectations

**日本語訳は下をご覧ください**
“I’m originally from Korea but moved to Canada and lived there for about 15 years, so I consider myself more Canadian than Korean now. I work in the legal industry and I practice law. I think I blend into Japanese society to a certain extent, which is why I like confusing people. Even though I really don’t speak Japanese that well, I can still sort of communicate. It also helps that I kind of look Japanese. Sometimes cab drivers would be surprised to find out towards the end that I wasn’t Japanese in the first place. I can do that using bits of the language that I’ve been rehearsing for a year and a half.

“While Japan is great and all, there’s a need to fit in. I get along with the foreigner crowd, no problem. But people in Tokyo, while seemingly friendly, they have boundaries. Unless you’ve known them since high school or through work or they’re a family friend, it’s not easy breaking that barrier. I have friends who say it took them eight or nine years to finally penetrate those barriers and become friends with Japanese people. In a way, that forces some of us, foreigners, into a close-knit community.

One time, I tried to talk to someone at the airport who was reading a Stephen King novel. I remember thinking, here’s someone who speaks English. But the reaction I got was, ‘Sorry, no English.’

“Even when I switched to Japanese, they still brushed me off. Maybe that person was tired or not sociable. But it’s just completely different how people interact in Japan. I would have the same conversation in Canada and people would be a lot more receptive. I could just randomly walk up to someone or hold the door for someone and randomly start a conversation.

“I guess people have and cultivate different expectations, growing up. We just have to respect their culture. To be crass a bit, you wouldn’t talk to strangers in public restrooms. You wouldn’t talk to the person next to you while taking a piss. It’s an unwritten rule of etiquette. And you need to observe Japan’s customs while you’re here.”

僕は韓国出身なんですが、カナダに15年も住んでいたので自分ではカナダ人のような気がしています。今は法曹業界で弁護士をしています。こう言って人が混乱するのが好きなんですが、自分ではある程度日本社会にはうまく調和してると思っています。日本語は得意なわけではないけれど、コミュニケーションは問題ありません。僕が日本人のように見えることがもプラスに働いているのかも。たまにタクシーの運転手さんが最後の最後で僕が日本人ではないことに気づいてすごく驚かれます。一年半練習し続けた言葉を使えばそういうこともあるんですよ。

日本は本当に素晴らしい国です。その中でどうしても僕たちが適応していかなければならないこともあります。僕は外国人の集団になら問題なく溶け込むことができるのですが、一方で、一見フレンドリーそうな東京の人々には見えない壁を感じます。高校時代からの友人だとか職場が同じだったとか、家族のような友達じゃない限りその壁を取り除くのは難しい。僕の友人に、ある日本人との間から完全にその壁を取り除いて友達になるのに8年から9年かかったと言う人もいました。そういう壁みたいなものが、外国人同士の強く結びついたコミュニティーを生んでいるのではないかと思います。

一度、空港でスティーブン・キングの本を読んでいる人に声をかけたことがありました。英語を話す人がいたって思ったのを覚えています。でも、帰ってきた反応は「Sorry, no English. (英語は話せません)」。だから日本語を話してみたんですが、それでも彼らはもう話しかけないでほしいというような感じでした。その人はただ疲れていただけか、内気な人だっただけなんだと思うのですが。でも、これが人との関わり方の違いだと思うんです。カナダで同じように誰かに話しかければ、自然と会話が始まります。街を歩いてる時だって、誰かのためにドアを開けてあげる時だって、ランダムに会話を始めることができるんです。人はみんな違った考え方を持っているし日々それを養っていると思います。ただお互いの文化を尊重するべきなんですよね。ちょっと汚い話かもしれませんが、まさかとなりで用を足してる人に話しかけたりなんかしないでしょう。それは暗黙のエチケットだから。そうやって僕たちは日本にいる間、日本人の習慣を観察して学んでいかなきゃいけないと思うんです。
【翻訳:Tomomi Yuri
DSC_0602.jpg

Published by

tokyointerlopers

Finding diversity and inclusion. Breaking down barriers one post at a time. Stories and snapshots of foreigners making their way in Japan.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s