Happy to Help

**日本語訳は下をご覧ください**
“My dad is Venezuelan
; my mother is French, and they met in the U.S. while they were exchange students in Philadelphia. They got married and moved to Venezuela together, where they had my big brother. Now things aren’t going so well there in Venezuela. Prices are skyrocketing. You must wait a long line to get food from the supermarket or buy from the black market. It’s ridiculous. A pair of sneakers costs as much as a house. You also need an ID card to make purchases because everything is rationed. So if you want to buy eggs, you can only buy eggs once a week. The worst part is that they won’t ask for help from other countries because they don’t want to acknowledge the fact that they have a crisis.

“I came here when I was 19 since it was my dream to live in Japan at the time. After 10 years of living in Japan, I want to move back to Europe. For the better part of the last decade, I’ve been working in sales and marketing for Japanese and Chinese companies, just paying the bills and my student loans. But for my next step, I want to do a job that I actually like, where I feel useful and help people in need or countries in need. That’s why I’ve been thinking about doing something more humanitarian. Funny thing is, even though Venezuelans have nothing—and I mean no water and no electricity half of the day because the country doesn’t function anymore—they’re still super generous and happy to help you, put food on your plate, and never ask for money in return. On the other hand, I’ve seen Japanese people having a great life, with everything they want, and still not be happy.”

私の父親はベネズエラ人で、母親はフランス人です。二人はアメリカ・フィラデルフィアの大学で交換留学生時代に出会いました。その後彼らは結婚し、一緒にベネズエラに引っ越し、そこで私の兄を授かりました。もし現在のベネズエラで生活をするとしたらとても難しいと思います。昔とは違い物価が急騰し、スーパーマーケットで食材を購入するにも、長蛇の列に並ぶか、闇市場で購入するしか方法はないのです。例えばスニーカーを一足買うだけでも、その値段は家を購入するのと同じくらいの金額を払わなくてはならないのです。また、すべてが配給制の為、物を購入するにはIDカードが必要です。例え卵を買うのでさえも、一週間に一度しかチャンスはないのです。問題なのは、こんなにも過酷な状況下にいながらも、ベネズエラ人は自国の深刻な現状を受け入れたくないがために、他国に助けを求めないのです。

当時、私の夢は日本に住むことでした。19歳のときに初めて日本にきました。10年間日本に住んだ今は、次の住処としてヨーロッパに行ってみたいと考えています。振り返れば日本にいた10年間、ほぼ生活費や学生ローンの支払いのために、必死に日系企業や中国企業や営業とマーケティングの仕事をしてきました。しかし、次の人生のステップとして、今後は自分の好きな興味のある分野の仕事をしたいと考えています。それは他人の役に立ち困っている人たちを助けるような仕事です。前から一人の人間として誰かの役に立ちたいと考えていたのです。ベネズエラ人は何も持っていませんが、困っている人がいたら手を差し伸べる優しい心を持っています。何も持っていないというのは、本当に水も食べ物も、ろくに手に入らない状況のことですが、そんな中でも彼らは他人を助けようとするのです。それは見返りを求めた優しさや、お金欲しさの上っ面な優しさではないのです。しかしその一方で、日本人は平和でみんな欲しいものは手にできているにも関わらず、常に不満を言っている人々を目の当たりにしてきました。
_DSC4506.jpg

Published by

tokyointerlopers

Finding diversity and inclusion. Breaking down barriers one post at a time. Stories and snapshots of foreigners making their way in Japan.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s