Hope Lives

“The situation in Algeria is really bad. We have huge political and social problems, not to mention youth unemployment is sky high. For most people back home, going abroad is difficult. They’re even dying while attempting to cross the sea to Europe. The government limits the number of visas issued. Scholarships are scarce and good research programs are hard to come by. And it hurts me to see my country like this because I had parents who encouraged me to pursue my dreams and be the best I can be. My mother is a lawyer and my dad was mayor. Me and my brother were fortunate to have grown up in an encouraging environment. Sadly, it’s not always possible for other Algerian families with limited opportunities. That’s why I want to speak up, be an ambassador for my country, and say there is hope amidst the political and social crises back home. I’m studying in Japan now, under a scholarship from the Japanese government. I found out about this opportunity after someone posted it on Facebook. Before that, I attended a top engineering school in France and also worked there. Most of us are multilingual. I have two mother tongues and speak Berber, Arabic, French, Italian…and now some Japanese.”

Living in a foreign country with a different culture gives richness to life. It makes you think differently. Speaking different languages also makes you see things from a different perspective and enables you to resolve things in different manners.

アルジェリアの状況は本当にひどいものです。私達は政治的にも社会的にも非常に大きな問題を抱えていますし、若者の失業問題は言うに及ばず青天井の状態です。故郷の多くの人達にとっては、海外に出るのは難しいことです。ヨーロッパへの海を渡る間に、死んでしまったりすることさえあります。政府はビザの発給数を制限しているのです。奨学金は僅かですし、良い研究プログラムには滅多にお目にかかれません。夢を追い続け、出来る限りのベストを尽くすようにと、そう私を励ましてくれた両親がいたことを思うにつけ、このような故郷の姿は、私をひどく辛い気持ちにさせるのです。母は弁護士で、父は市長でした。私達兄弟は幸運にも、教育の受けられる環境で育ってきたのです。残念なことに、そういった機会が制限されているため、他のアルジェリアの家庭では、このようなことが常に可能であるわけではありません。それが、私が自分の国を代表して声を上げたい理由であり、そして、故郷のそういった政治的かつ社会的な危機の中でも希望は存在している、とも伝えたいと思います。私は今、日本政府の奨学金によって勉強しています。私はこの機会を、誰かがフェイスブックに投稿した事により知りました。その前は、私はフランスで最高のエンジニア養成の学校に通っており、そこで働いてもいました。私達の多くはマルチリンガルなのです。私には二つの母語がありますし、ベルベル語、アラビア語、フランス語、イタリア語…そして今は日本語もいくらか話せます。異なる文化と共に外国で暮らすことは、生活に豊かさを与えてくれます。外国語を話すことも、あなたに違う視点から物事を捉えさせてくれますし、異なる方式で物事を解決することも、可能にしてくれるのです。

Published by

tokyointerlopers

Finding diversity and inclusion. Breaking down barriers one post at a time. Stories and snapshots of foreigners making their way in Japan.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s