Isshin Aoi

**日本語訳は下にあります**
“I’m a singer and songwriter, and my dream is to perform live at Kōhaku Uta Gassen (a popular annual New Year’s Eve television special in Japan). I write mostly love songs. I know, it’s such a cliché. I’m kinda embarrassed to say I’ve yet to experience grown up love. My longest relationship lasted only six years, and it was with someone who was like me, aspiring to be famous. She wanted to be an actress and me a singer. We broke up because decided our ambition and careers should be our top priority, instead of the relationship. Looking back, I kinda regret that decision so I even wrote a love song about her.

“Japan is a strange country. We’ve got so many world-renowned things, such as anime, although I think we can contribute some more. But because of some stubborn people (from our older generation), we’re stuck with little progress. Some things never change. So I fear we’re gonna get left behind by the world. Which is a shame because Japan still has plenty of nice things to offer—anime, traditional culture such as kabuki, etc. If we could find a way to strike a balance between our customs and traditions with changes in society, I think we can provide better entertainment. I hope the world will get to know more about Japan’s good qualities. And I wish my fans can forget their worries and enjoy themselves when they listen to my songs.”


https://isshin-official.com/

今は「蒼一心」という名前の歌手です。今後の目標は紅白歌合戦に出て、そしてソロコンサートを東京ドームでやりたい。

なぜ?

それは、美空ひばりさんという歌手が昔から大好きで、尊敬していて、この人みたいに歌を歌いたいと思っていました。実は日本の音楽シーンで東京ドームでソロライブをやってるのはこの1人だけなんです。歴史上。だから2番目にやりたい。

バックグラウンド

千葉県出身で海を見ながら育ちました。海にしょっちゅう行ってて。ドライブとか。結構海で遊んでる事が多かったかな。泳いだり、サーフィン、ボディーボードとか色々。

何について歌ってる?

ラブソングが多いです。恋愛、失恋。後は歌謡曲ですね。大人の恋愛の歌。歌詞も書いてるから。結構難しいです。大変。まだ大人の恋愛が出来てないから。もっと色んな恋愛をしないとね。長く付き合った人は1人だけです。6年間付き合ってて。同業者というか彼女は女優さんを目指していて、お互いそれぞれ自分のやりたいことがあるはずなのに恋愛が1番になっちゃって、夢が2番目になちゃってると。その時これは良くないとなって別れました。実は彼女についての歌詞も書いたこともあります。

ファンに何を求められてるかというとまだ模索中なんです。まだ自分で色んな事を考えて、やってるかな。こっちからは、明確に「これ」というのじゃなくて、例えば、僕のライブに来て、嫌な事を忘れたり、ちょっと笑顔になったり、とかであればオッケーです。それでその後にまた家に帰った時にその人が「あれ、一心の歌また聴きたいな」と思ってくれれば最高です。

メッセージ

日本という国は、日本人から見ても何だか不思議だと思います。世界でトップレベルのカルチャー、例えばアニメーションとか、いくつかあると思いますけど、いまいちそれを世界に上手く発信できていない。でも絶対それが出来る力を持っているはずなんです。何か色々、頭の固い大人がいっぱいいますし、それは変えていきたいなと思っています。どんどん若い力でチェンジしていかないと日本から世界には行けないと思います。
でも本当アニメだったり、伝統的な歌舞伎とか、昔からのものでも挙げればきりがない程色々良い所があるし。そういう歴史を守りつつも進化していくことがすごく大事だと思います。変わらない所と変わっていく所を上手くバランスを取って進化して行けば、もっと良いエンターテインメントが出来ると。もっとそうやって日本のいいとこをどんどん知って欲しいですね、世界中のみんなに。

Published by

tokyointerlopers

Finding diversity and inclusion. Breaking down barriers one post at a time. Stories and snapshots of foreigners making their way in Japan.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s