***日本語は下記をご覧下さい***
I was feeling sick so I went to see my gynecologist and was told I had polycystic ovary syndrome, which will make it hard for me to get pregnant. My period also stopped. Good thing it got better after two years of treatment. But I wasn’t in good shape. I’d get tired and depressed. And it felt like having a baby would make me one lucky girl, knowing my chances of conceiving. That was 10 years ago.

I met my husband at the gym. We both liked to work out, visit temples or shrines, and go to the beach. We were inseparable, spending every day together. We’d go surfing or hiking in the mountains, any activity we both enjoyed. I guess the biggest surprise of my life was when I got pregnant with his child. My gynecologist couldn’t believe it.

Since becoming a mom, whatever I do depends on my daughter. When she’s asleep, I do this. When she’s awake, I do that. I take care of my needs after feeding her. Before I had her, I only thought of myself and work. Now it’s like my brain’s been rewired. Everything’s changed inside my head.

It’s amazing to watch her grow and develop as a human being. Before, she used to only cry or sleep, now she can hold a cup of water, take her favorite toy out of the box, and even imitate my dance moves.

While she’s learning new things every day, she’s also graduating from breastfeeding and crawling. Which kinda makes me a bit sad. I know she won’t be leaving home anytime soon but the thought still makes me sad.

My hope is for her to live the life she wants, one she truly enjoys and not put up with things because she has to. Please let her be filled with gratitude and may she be surrounded by wonderful people who will bring her love and joy in her heart. That’s the only thing a mother could ever hope for her child.

10年ぐらい前に体調がおかしくなって、婦人科で診察を受けると多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんそう)という症状だと言われました。
簡単に言うと、体が普通より妊娠しにくい状態になっているということ。
当時は生理も止まってしまっていたんだけど、2年ぐらいかけて治療して少しずつ良くなったんです。それでも体が疲れていたり精神的に落ち込んでたりするとまたその症状が出てきていたから、自分としては”妊娠すること”にあまり期待できなくて、「妊娠できたらラッキーだな。」ぐらいの気持ちだったかな。

今の夫とはスポーツジムで自主トレしている時に出会いました。お互いに筋トレが好きだったり、お寺や神社、海や山が好きだったり一緒に楽しめることが多くて、スポーツジムで出会って話し始めたその日から毎日会うようになって、サーフィンやハイキング、一緒に筋トレに出かけたりししてました。

その彼の子を妊娠した時はお互いに本当に驚いた!一番ビックリしていたのは私がずっと通っていた婦人科の先生だったんですけど笑

ママになって変わったのは、次に何をするかが全て娘次第だということかな。娘が寝たら次にこれをして、娘が起きたら次はこれをして…次はこれをしたいけど、それは娘がご飯を食べてから、とか。出産するまでは自分や自分の仕事についてばかり考えていたから、頭の中にあるものがほぼ全部入れ替わった感じ。

寝るか泣くかするだけだった赤ちゃんが、自分でコップを持って水を飲んだり、おもちゃ箱から自分の好きなおもちゃを選んで取り出してきたり、私の真似をして踊ったりするようになって、人間ってすごいなぁと思う!笑

毎日できることが増える一方で、しなくなることもあって(おっぱい飲まなくなったり、ハイハイしなくなったりね)、赤ちゃんを卒業していく姿はちょっと寂しかったりもするかな。まだ早いってわかってるけど、将来子離れできるか心配になっちゃう。

娘に望むこと…そうだなぁ。
娘が何かを我慢して仕方なくやっているという姿は想像すると辛い。
そうじゃなくて、自分が心の底から楽しんで、感謝とか喜びとか愛とかに囲まれて、素敵な人たちと心の底から笑っていられるような、そんな人生を送って欲しい。
それが娘に望むことです。

Published by

tokyointerlopers

Finding diversity and inclusion. Breaking down barriers one post at a time. Stories and snapshots of foreigners making their way in Japan.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s